誰でも簡単に場所を選ばず自分を癒せる方法

費用ゼロで出来るセラピー

女性

気軽に始められるメリットがある

セラピーは、心理療法や物理療法を医薬品や手術を用いらずに行う治療法で、主に精神疾患などに有効だとされています。それは精神疾患を患ってから利用することもできますが、予防を目的に利用することができますが、精神疾患というのは見た目や数値で測りにくいため放置されがちです。特に、費用がかかってしまうと家計の負担となってしまうため、セラピーを行う優先順位が下がってしまいます。しかし、セラピーのなかでもバタフライハグを用いる方法は費用が一切かかりません。というのも、バタフライハグは道具も人の手も必要としないため、誰でも一人でできてしまうためです。その方法もすごく簡単で両腕をクロスして両方の肩を左右交互にポンポンと20秒ほど叩いていくだけで、その作業をする前に自分の心と見つめる時間を設けます。たったそれだけで、心を安定させたり、トラウマなどの心の傷を癒す効果があるとして注目されているのです。ほぼ費用をゼロでできるため、気軽に始めることができ早めに精神疾患の予防や改善に繋げることができます。

バタフライハグは適応的情報処理(AIP)と呼ばれる精神病理モデルの一種で、他にもEMDRと呼ばれるセラピーもあります。EMDRとは日本名は「眼球運動による脱感作と再処理法」となり、バタフライハグは両腕をクロスして両肩をタッピングするのに対して、EMDRは眼球運動でそれを行うわけです。ただし、その方法は素人がいきなりできるような簡単なものではなく、いくつもの準備も必要となります。そのため専門家が寄り添って行うため、なかなか手間がかかってしまうのです。一方、バタフライハグは両肩を叩くだけなのに、一人で何の準備もなしで行うことができるわけです。さらに、他のセラピーではやり方を間違えると精神疾患の症状を悪化させる危険性がありますが、このバタフライハグはそのリスクが極めて少なく安心して行うことができます。これは大人だけでなく子供でも利用することができ、幼い子供の場合は、大人が後ろから手を握り同じような仕草になるように誘導するだけで良いです。ただし、子供が嫌がっている場合はそれを控えなくてはなりません。