誰でも簡単に場所を選ばず自分を癒せる方法

両腕で自分を抱きしめる

悩む女性

不安や緊張、ストレスを軽減できます

現代はストレス社会になっているため、うつ病や不安神経症、双極性障害などの心の病気で悩んでいる人が増えています。早めに精神科や心療内科を受診して、うつチェックや問診、カウンセリングなどを受けることが大事です。真面目で責任感の強い性格の人や、完璧主義な人は、不安や緊張、イライラなどを感じやすい傾向があります。バタフライハグは、両手を交差させて自分を抱きしめる行為です。目を閉じて、肩や胸のあたりを軽くトントンと叩く動作を行います。バタフライハグは、精神的なストレスや緊張、不安感などを緩和する働きがあります。欧米諸国などでは大変ポピュラーになっており、自宅で気軽に行えるので人気があります。小さいお子様はもちろん、20歳以上の大人や高齢者にも有効な方法です。うつ病などの精神疾患は、早期に発見して適切な治療を受けることで、回復を速める効果があります。一人一人の症状の重さには違いがあるので、あせらずに根気よく治療を続けることが大事です。バタフライハグは、自分を抱きしめる動作をすることで、ストレスを緩和できます。

うつ病や不安神経症などの病気で悩んでいる人は、バタフライハグを行うのもお勧めです。両手を交差させて、自分を抱きしめることで、ストレスを軽減したり、不安や緊張などを和らげたりする効果があります。周囲の人に理解を得られない時は、孤独や不安を感じやすいですが、バタフライハグを行うと心身を安定させる効果があります。欧米諸国などでは、バタフライハグはうつ病や、不安神経症、強迫性障害などの病気に有効だと言われています。場所を取らずにバタフライハグは出来ますし、お金も掛からないので試してみると良いでしょう。小さい頃は、辛いことがあると両親が抱きしめてくれましたが、大人になってくるとスキンシップなどは、少なくなってきます。就職や転職などを経験して、大きく環境が変わってしまったり、仲の良い友人と生死別をした時などは、大きなストレスを感じやすいです。バタフライハグは、精神疾患で悩んでいる人はもちろん、身近に頼れる友人や身内などがいない人にもお勧めします。強いストレスを受けた時は、実践してみると良いでしょう。