誰でも簡単に場所を選ばず自分を癒せる方法

抑うつ効果が高い

カウンセリング

ストレスを溜めないようにケアしよう

自分自身を抱きしめるように両腕を交差しながらトントンと胸のあたりを軽く叩く動作を2分間ほど行うと、ストレスが軽減されてうつ病防止効果が高いことが判明しています。この方法は蝶々の形に両腕を交差させることから、バタフライハグと呼ばれており注目されている方法です。すぐに心療内科や精神科に通うことは出来ないが、日常的に溜まっているストレスやショックを受けた際の心に出来た傷を癒したいという人にオススメです。うつ病というほどの症状はまだ出ていないが、このままストレスを溜めていくとそのうち病気になってしまいそうだと感じる時にも良いでしょう。被災した場合や何らかのショックを受けた後にも効果が高く、ストレスケアの有効な手段として海外でも認識されています。バタフライハグの良いところは両腕の交差の仕方などを覚えて仕舞えば、自宅などで気軽に行えることです。特別な道具がなくても出来る動作なので、ストレスケアのためにお金をかける余裕がない時にも適しているでしょう。家族間でのいざこざや知り合いとのちょっとしたトラブルなどが起きた時の、ストレスケアにも対応出来るため知っておくと安心です。

自然災害や予想外の事故などに遭った場合には、専門家のカウンセリングを受けてストレスケアを行うのが一般的でした。いつ起きるか分からない自然災害は、時には大人数のストレスケアが必要となるため、自分で出来るケア方法が求められています。そのような時に対応可能なものとしてバタフライケアが注目されるようになり、実際に被災した人や事故に遭った人に効果が出た実績があります。将来的に心の傷がずっと残るトラウマという状態になるのを防ぐことが出来るのも、バタフライハグの良いところです。蝶のように見える腕の動作そのものが、脳に影響を与えて気持ちが落ち着くようになります。また、大きな仕事や受験勉強のようにプレッシャーを感じやすい時にも効果を発揮するため、使用する機会が多い方法です。何かのきっかけで物事に失敗をしてしまうとその記憶が残りトラウマとなることもありますが、バタフライハグでケアをしておけば気持ちを切り替えることが出来るでしょう。また、老若男女問わず出来る方法であるため、今後も注目されていくと考えられています。